アレルギー症(アトピー、花粉症など)について

アレルギー症

 

アレルギー症の解決方法について

 

解決は、ファスティングで宿便を取ることです!

 

今や国民の3人に1人がアレルギー疾患(症)に悩んでいるといわれます。

 

別名、文明病とも言われています。

 

アレルギー疾患とは、外部からの抗原に対し、免疫反応が起こる病気です。

 

代表的な疾患として、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉症)、アレルギー性結膜炎、 アレルギー性胃腸炎、気管支喘息、小児喘息、食物アレルギー、薬物アレルギー、蕁麻疹です。

 

最近では、柑橘類の匂いや、ガムなどの香料の匂い程度で喘息、顔面紅潮などのアレルギー症状を示すこともあります。

 

メカニズムを調べますと花粉症や気管支ぜん息などのアレルギー発症の引き金を引くものは、私たちの皮膚や粘膜など全身の組織に広く分布するマスト細胞(肥満細胞)です。

 

花粉やダニ由来のタンパク質などアレルギーの原因物質(アレルゲンといいます)と反応したマスト細胞(肥満細胞)は、ヒスタミンなどの生理活性物質を放出して、周囲に炎症を引き起こします。

 

アレルギー症予防には、環境の浄化、抗原となる物質を根絶しなければならないのですが、これは大変な研究と作業となります。

 

甲田光雄医師は、内部環境に注目し、腸管内の環境を指摘しておられます。

 

つまり腸管内にある抗原を「宿便」と呼んでおられるのです。

 

この宿便が腐敗して発行し、そこから未知の抗原がアレルギー源ではないかと指摘しておられます。

 

現代医学では否定されています宿便ですが、甲田医師が「宿便こそ万病の元だと断言してもよい」と指摘しています。

 

ファスティングの目的は、この宿便を除去することにあります。

 

 

藤樹の宿方式のファスティングであれば、確実に宿便除去が可能です。

 

※安田藤嗣のブログ40日断食経験者の本音(ファスティングで改善可能な症状)もご覧ください

よかったらシェアしてね!